読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリングで中小企業の資金繰りを応援!

ファクタリングという中小企業、零細企業向けの資金調達術をご紹介します。

 

 

現在の日本の企業の資金繰りは銀行融資に大きく依存したものになっています。

銀行融資が受けられない状況になったとき多くの企業が資金繰りに奔走しなければならないのではないでしょうか。

 

それは中小企業、下請企業であればあるほど別の資金繰りの方法であっても大手企業よりも厳しい条件となります。

 

月末になれば、来月になれば売掛金が入金されるのに、今先出しの費用が足りない!という状況に陥った建設業など会社も多いのではないでしょうか。

 

 

そのようなときに売掛先の信用力をもとに資金調達ができる方法がファクタリングです。

ファクタリングは資金調達をしたい企業が保有する売掛金を活用した資金調達方法になります。簡潔に言うと、来月末に入金予定の売掛金をファクタリング会社がそれよりも先にキャッシュ化してくれるというものです。

 

 

「今月末には1,000万の売掛金の入金があるのに、今すぐ支払いで100万以上が必要…」

「税金の滞納を解決しないことには銀行融資がおりない…」

 

などのつなぎの資金繰りがファクタリングなら可能になります。

 

 

ファクタリングでは、売掛金の質が重要になります。

ファクタリングは売掛金の早期資金化という考え方になりますが、

それは売掛債権をファクタリング会社が買い取り、その買取金額が資金調達成功額になります。

ファクタリング会社としては、

その売掛金がきちんと本来の期日に売掛先から支払われなければ回収できないので、

売掛先が遅れずに支払いをできる会社なのか、その信用力が重要となるのです。

 

そのため大手企業の売掛金保有していても税金を滞納してしまっていると銀行融資を受けることは難しいですが、ファクタリングであれば資金調達は可能になります。

 

銀行融資を受けるために税金滞納という企業の問題をファクタリングでの資金調達により解決している中小企業も多いです。

 

 

もちろんファクタリングを利用するにも費用がかかり、メリットもデメリットもあります。

銀行融資以外の資金調達方法の1つとして、

ファクタリングの流れやメリット、デメリットなども知っていることは決して損なことではありません。

 

 

こちらのサイトではそんなファクタリングに関して分かりやすく解説しています。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

【 九州ファクタリングサポート|全国の中小企業の資金繰りを応援します! 】

九州以外の企業さまにもご利用頂いています。

 

f:id:aokiooooki:20170427133942j:plain